試合に対しての「心理的・身体的」準備

   年  月  日  名前        

 

 以下の質問について、最高に調子が良いものとして答えてください。
また、そう考える理由も答えてください。

1.試合が始まってすぐに何をしたいですか?何をすべきですか?

2.試合が始まってしばらくして何をしたいですか?何をすべきですか?

3.試合が順調にすすんでいるとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

4.試合で予定外のことがおこったとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

5.試合で相手に先行されたとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

6.タイムアウトをとったとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

7.ハーフタイムのとき、何をしたいですか?何をしたいですか?

8.試合の終わりに、何をしたいですか?何をすべきですか?

9.試合に勝ったとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

10.試合に負けたとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

 

 以下の質問について、最高に調子が悪いと仮定して答えてください。
また、そう考える理由も答えてください。

1.試合が始まってすぐに何をしたいですか?何をすべきですか?

2.試合が始まってしばらくして何をしたいですか?何をすべきですか?

3.試合が順調にすすんでいるとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

4.試合で予定外のことがおこったとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

5.試合で相手に先行されたとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

6.タイムアウトをとったとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

7.ハーフタイムのとき、何をしたいですか?何をしたいですか?

8.試合の終わりに、何をしたいですか?何をすべきですか?

9.試合に勝ったとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

10.試合に負けたとき、何をしたいですか?何をすべきですか?

 これで、調子が良いときに何をすればいいのか、調子が悪いときに何をすればいいのかのイメージができあがると思います。もちろん試合では最高に近づける努力を試合前にイメージしておく方が良いでしょう。しかし、最悪のじょうたいのときの試合もイメージしておけば、実際に自分たちにどんな不利なことがおこったとしてもそれは予定どおりのことであり、その対策と解決法をすでに準備していることになるので、あせりや不安が生じたり、まして、パニックにおちいったりしないはずです。マイナスをプラスに変えるイメージトレーニングがいずれ役に立つときが必ず来ます。