黄色(ウィング)はいったんディフェンスをおしこんで、ウィングポジションでパスをうける。

水色は、パス&ラン。表、裏、どちらを通ってもいいけど、フェイントを忘れないこと。もちろんスピードによるフェイントでもかまわない。(その場合、ディフェンスが反応できないぐらいはやいスタートを切ること)

みどり、むらさきはすばやくフロアーバランスをとる。

 黄色はまず、ゴール下があいているかどうかを確認しておく(パスをうける前から)。パスをうけたらすぐに水色がノーマークになるかどうかを確認。その後、1対1ができるかどうかを確認。

 

水色が抜けた後、センターは黄色が内側に入れるようにしっかりスクリーン。黄色がドリブルをはじめたらすぐにロールしてパスをうける。

ピンクのディフェンスがスイッチしなかった場合、黄色はヘルプディフェンスが来なかったらもちろん自分でシュート。ヘルプにきたら、空いた見方にパスをだして、シュート。30秒までまだ余裕があれば、もう一度戻して展開しても良い。