ダブルポストプレーの基本プレー。アップスクリーンという攻撃方法です。

ローポストにいるピンクがハイポストの水色にアップスクリーンをかけます。水色はピンクの左肩の下ギリギリをすり抜けて体を入れ替え、ゴール下をねらいます。

 大国ではこのプレーを使うことはありませんが、ほかのチームが使ってくるかもしれないので一応紹介しておきます。

このプレーはポストのプレーヤー同士で動くタイミングを合わせて、高さを生かす効果的な攻撃方法で、相手よりも身長やジャンプ力などで上まわる場合に得に威力を発揮します。つまり、自分たちよりも大きなセンターがいるチームはこのプレーをねらってくる可能性があるということです。

 

ポイント1

 このプレーをする前に必ず水色はしっかりポストアップし、ハイポストでボールを受ける努力をする。もらえそうもなかったときにはじめてこのプレーを考える。はじめからこのプレーをねらうわけではない。

 ポストアップするときはディフェンスよりもボールサイドでスタンス(あしのはば)を広く取り両手をしっかりと広げて、ボールマンに対して自分の体がいちばん大きく見えるようにし、直角にボールが入るようにしよう。(これが面を取るという状態)

 ディフェンスがサイドに出てきたり、前に出たりということでは、面を取ったということにはならないよ。

ポイント2

 ボールマンがパスを入れるタイミングは、ポストマンが面を取った瞬間だ。(待たせてはダメ)また、ローポストからハイポストに上がった瞬間にパスを入れられると最高。

バックスクリーンの時はスクリーンのあと少しでも動くとオフェンスブロッキングを取られるので注意しよう。スクリーンははずされてもディフェンスを遠回りさせれば成功。相手を動けなくさせる必要はないよ。

よいパスをだすためには、ボールマンはピボットを踏んでいても、絶えずリングを見ていることが必要。微妙なコントロールで味方へスポットパスが出せれば、してやったりという爽快感が味わえるよ。ガードをやっていて幸せな瞬間のひとつだ。

 

ちなみに、下から上にスクリーンをかけることをアップスクリーン。上から下にスクリーンをかけることをダウンスクリーンといいます。