・ボールマンに対するディフェンス

1. ボールマンの前進をくい止めることに集中。ゴールに向かってまっすぐドリブルされるのだけは絶対に避けること。自分のマークマンを目的地へ簡単に行かせては行けない。

2. 相手がボールを放すまでプレッシャーをかけ続けること。相手がボールを持っているのがいやになるくらいにね。

3. 相手によいシュートをうたせないこと。できるだけ苦しい体勢でむずかしいシュートをうたせるようにしよう。それを決められたときはしかたない。相手をほめてあげよう。

4. 悪いパスしか出せない位置に相手を追い込もう。コート中央よりもサイド。サイドよりもコーナー。パスを出すコースが狭くなるところに相手を追い込もう。

 

マークマンがボールを持っていないとき

1. マークマンとボールの間のポジションをたもつ。あいての行きたい場所に簡単に行かせないようにしよう。たとえばセンターならポスト。シューターならそいつの得意ななわばりでボールを持たせないように守る。

2. 常にボールから目を離さないこと。特にプレスの時は相手がミスをする確率が高くなる。ちょっとしたハンドリングミスも見逃さないように常に目を光らせよう。こういう集中力がまたあいてのミスをさそうものだ。

3. あいてのパスを全部とってしまう気持ちで守ること。とれそうだから飛び出るのではなく、最初から全部カットするつもりで守り、できそうもないときだけ飛びでないようにする。このちがいがわかるかな?

4. 自分のマークマン以外でも、スコアリングポジション(点が取れそうな場所)カットインやドリブルインしてきた奴はつかまえられるように注意していよう。

 

 

 以上。上に説明したのはあくまでもプレスの場合。ノーマルのマンツーマンとは少し原則が違うので注意しよう。特に、ボールを持っていない相手に対する第一番目にあげた原則はプレス独特のもの。これをしないとボールマンへのプレッシャーが弱くなるので簡単にパスアウトされてしまう。ボールマンのディフェンスは密着マークしているので簡単にパスアウトされると、そのあとの動きに対応しにくい。つまり、パス&ゴーの動きにとても弱くなる。

 しかし、ボールマンの前進を止め、さらにパスコースがふさがっていれば、相手はあわててプレーのミスをしやすくなる。そのときを見逃さずに、すばやくボールを奪おう。